株で損する人は損切ができない

損

株式投資をしている人は、利益を出す人と損失を出す人に分けられます。
利益を出す人が成功している理由は様々ですが、損を出している人が失敗している理由には共通点があるのです。
その理由とは、損切りができていないことです。
損切りとは、保有している株式の評価額が下がったときに、それ以上損失幅を拡大させないために多少の損が出ることを許容して決済することです。
損切りをすることで被害を最小限に抑え、次の売買に向けて資金を使うことができるようになるのです。

しかし、損をする人は損切りができないために評価額が下がった株式を保有し続けることになり、資金が拘束されているのです。
また、マイナス評価となっている株式を保有していることは精神的にも不安定になり、パソコンの前に座ることすら嫌になってしまう危険性があります。
損切りができない理由として挙げられるのは、自分の手で損失を確定させる決断ができないためです。
損切りをすると言うことは自分の投資が失敗だったことを認めることになるだけでなく、投資資金の一部を失うことになります。
そのため、いつか上がることを願って保有し続けてしまうのです。

多くの場合、損切りができずに塩漬けしている株はそのまま下がり続け、投資資金に回復不能なほどのダメージを与えることになります。
保有株式の評価額が下がっているということは、その株式への投資が失敗だったということです。
仮にそこから反転してプラスマイナスゼロになったとしても、それは運が良かっただけで自分の投資戦略が間違っていたことに変わりはありません。
失敗した取引に固執せず、損切りをして新たに銘柄探しを行うことが株で成功するために必要なことなのです。