株を行う人はいろいろな目的があって行っています。
優待をもらいたい、経済の勉強になる、好きな会社を応援したいなどありますが、1番はお金を儲けたいというところでしょう。
どんな目的で行うにしても損をしてまでしたくありません。
しかし、お金が絡むと人は感情に左右されます。
人より多く儲けたい、損をしたくないという思いから論理的な思考ができなくなります。

例えば、株式投資では持っている株価が上がり続けているときに売ることはなかなかできません。
まだ上がる、そうすればもっと利益が出ると欲に支配されるからです。
逆に下がり続けているときは保有しておくことがなかなかできません。
これは、もっと下がる、そうなれば損失が大きくなるという恐怖に支配されるからです。

こうした株価の変動にいちいち反応していては、利益が出ているときに何もせず、利益が少ないまたは、マイナスになってから売ってしまうということになります。
これでは儲かりません。
得をするには、この欲と恐怖という感情をコントロールすることが大切です。
難しいことですが、これは目的と信念を持つことで可能となりますし、利益を得ている人はそれがあります。

例えば、目的が優待をもらうことであれば株価の変動は関係ありませんし、信念として自分なりの適正な株価がいくらかを計算する方法を持っていて、それより低ければ買って高ければ売るとしていれば、同じように変動で行動が左右されることがありません。
自分にとって株式投資をする目的が何で、どんな信念でやるのかを明確にすることが欲や恐怖という感情をコントロールできる対抗策となります。

ただし、どんなに儲けている人でも完全に感情をコントロールできる人はいません。
それで失敗をするたびに目的や信念を思い返すことになります。